01/01
00:00

「左様なら」の接続詞に続く文章は/正しい愛し方など、誰の言葉で言い表せるものでもないだろう?/緞帳を切り裂く剣先の なんと紅いこと/アンタの事は一生理解出来ないし、アンタも私を理解しなきゃ良いと思うよ

01/01
00:00

水泡に紛れて沈み逝く 彼女の悲鳴/二番目の原子と理屈は仲が悪い/化粧を纏う女子はまさしく「化生」/鳶色の衣手に覆い隠されたベガ/咽喉が嗄れて 涙が枯れても それでも、僕は/何時の間に紛れ込んでくれたのだろうね

01/01
00:00

イカズチと同じ速さで駆けたかった/八月は素直じゃないから、拗ねているだけだよ/たとえ百万回の輪廻を繰り返したとて、/「ちょうど今、現世に不採用通知を出したところです」/それはかつて密かに したためた慕情/神よ、私は祝福の火に灼かれ息絶えたいのだ/代償に君のその×××をいただこうか/清らな心を持った御前の骨は心にもそして肌の色にも負けず劣らず白く美しいのだろう/アルビノ偏愛症/いっそ枷と成ってくれれば良いのに、


NEXT PAGE

title by 歎く徒花

head


body